米国ミレニアム・スクール創始メンバーによる SEL (Social Emotional Learning - 社会性と情動の学習)研修のお知らせ

最終更新: 2019年7月18日



ミレニアムスクールの先生方も参加される、「ふかい学びの祭典」Learn X Creation (ラーンバイクリエイション)を8/3-4(土日)に実施いたします。7/7までは早割でお申し込みが可能です。

詳細とお申し込みはこちらから:

公式サイト: http://www.learnx.jp (8/3) https://learnxcreation-day1.peatix.com/ (8/4) https://learnxcreation-day2.peatix.com/


「ミレニアムスクールの取り組んでいることは、我々が知っている中で最も先進的なものです。子どもたちが自ら学びに向かい、大人になって活躍できるための準備をすることを望むのであれば、彼らが実践していることは、教育の未来だと言えるでしょう」

   〜 メリナ・アンカファー, カリフォルニア大学サンフランシスコ校 ニューロスケープラボ


この度、米国カリフォルニア州サンフランシスコのミレニアム・スクールによるSEL (Social Emotional Learning - 社会性と情動の学習)研修を実施する運びとなりました。研修には日本語通訳が付きますので、英語に不安のある方も安心してご参加いただけます。


思春期という大きな変化と成長の時期に、生徒一人一人が自己を確立し、他者との良好な関係を築く土台を育む環境を整備する事で、グロースマインドセットを持ち、自信を持ってそれぞれの強みを活かしながら社会に貢献する子ども達へ成長することを支援したいという教員や教育関係者の方々のご参加をお待ちしております。


プログラム詳細:

大阪プログラム:2019年7月31日 (水)/ 8月1日 (木)

会場:追手門学院 中学校・高等学校

応募定員:32名


(5/24 満席となりました。キャンセル待ち受付中)

東京プログラム:2019年8月5日 (月)/ 8月6日 (火)

会場:武蔵野大学附属千代田高等学院

定員:50名


プログラムスケジュール概要:

1日目 9:30―17:00

- フォーラムグループについて。参加者でフォーラムグループを形成。

- マインドフルネス体験

- 発達科学理論に基づく青年期の学びについて

- SEL実践メソッド体験:クリアリング、ハーカネスメソッド、フォーラム


2日目 9:30―17:00

- フォーラムの実践

- 身体を使ったワーク

- 発達科学の5つのステージ

- ワールドカフェ


講師紹介 :

東京プログラムは下記の3名・大阪プログラムは、クリス校長+1名となります


(左から:クリス・バーム校長、リンジー・バーク先生(STEM)、ステファン・レザード先生(人文学))


クリス・バーム:クリスは教育者であり社会起業家でもあり、人々が最大限の可能性を引き出すことができるような組織の創設に情熱を注いでいます。彼は、21世紀の中学校を再想像することを目的とした、サンフランシスコのプログレッシブ「ラボスクール」であるミレニアムスクールの共同創設者兼校長です。以前は Spark の共同創設者であり最高経営責任者(CEO)でした。Spark は、中学校と高校での学生の成功を改善するために彼が10年以上前に作った非営利団体です。クリスはアショカフェローシップ、社会起業家のためのドレーパーリチャーズフェローシップ、そして公共サービスのためのベイエリアジェファーソン賞を受賞しました。 Chrisはペンシルベニア大学とウォートンビジネススクールで心理学と経営学の学位を取得しており、Breakthrough Collaborativeとフィラデルフィアの公立学校で教えています。 Chrisはまた、Growing Wiserブログの著者として、教師、校長、そして保護者の関心のあるトピックについても書いています。


リンジー・バーク:13年に渡り、小学校から大学院生まで STEM (科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学) のカリキュラムデザインやプロジェクト型学習を実践している。カリフォルニアの森林を500キロメートルバックパッカーとして旅をしながら環境科学を大学生に教えたり、中学生にマカ保護地区にて数週間のサービスラーニングを実施したり、プロジェクト型学習をベースとした高校で、教科横断型の探究プロジェクトを実施した経験を持つ。過去4年間は、中学校の科学の授業に特化し、生徒の興味関心によりそった「パッションプロジェクト」をリードしたり、ソクラテスセミナーを実施したり、科学オリンピアードに参加するロボット、航空、そして犯罪科学チームのコーチも勤めている。ミレニアムでは、野生生物学やGIS、アウトドア教育を、実社会にも役立つ教科横断型学習に取りれている。カリフォルニア大学卒。ノースカロライナ大学チャペルヒル学校と、ワシントン大学の修士。

スティーブン・レザード:20年の教員経験をもつベテラン教師。ミレニアムの前は、ヌエバスクールにて中学生に13年間教鞭を執る。ヌエバでは、共感性のあるグローバルのビジョンと実社会での体験を実現するために、海外サマーサービスプログラムの立ち上げや、模擬国連参加のリーダーなども務める。ヌエバスクールの高校カリキュラムのデザインにも深く関わる。また2012年以来、サンフランシスコの教員育成コラボレーティブによる夏合宿の共同ファシリテーターとしても活動している。SELや心理学、そして沈黙がもたらす役割に強い関心を持っている。音楽と文化人類学の専攻で、カリフォルニア大学バークレー校の大学院、そしてロチェスター大学とイーストマン音楽学校の大学を卒業している。


参加費用:

学校教員、教育委員会、NPO/NGOの方:

     早割料金:5万5000円(税込)5/10 まで

     正規料金:6万円(税込)


その他の方:

     早割料金:6万5000円(税込)5/10 まで

     正規料金:7万円(税込)


注:終日の研修ですが、参加費に昼食は含まれません。各自でご持参をお願いいたします。


(現在、東京プログラムはキャンセル待ちとなりますのでご了承くださいませ。)

申し込みフォームはこちら (Google フォーム)


(ボランティアの募集は終了しました)参加費を払う事が難しいが参加したいという40歳以下の現職教員や教員を目指す学生の方は、問い合わせ先までメールでご連絡下さい。ボランティアなどの形での参加も検討させて頂きます。


本研修主催: 一般社団法人 SOLLA


ミレニアムスクールに関する関連記事:

- サンフランシスコで最も新しい21世紀型中学校とは?(FutureEdu Tokyo)

- 校長が来日!サンフランシスコの革新的中学校で行われる授業とは (ホウドウキョク

- 発達科学をベースとしたティールな学校 ~Millennium School~ (こたえのない学校)


問い合わせ: futureedutokyo@gmail.com (本研修事務局 担当:竹村)


お申し込み後のキャンセルについて:今回海外から3名の講師をお迎えする為、以下のキャンセルポリシーを設けさせて頂きます。ご理解の程何卒よろしくお願いいたします。

     5/30 まで: 返金事務手数料3000円を除く全額

     6/1 - 7/14: 50%

     7/15以降: キャンセル不可


その他のオススメ:

米国 High Tech High による PBL (プロジェクト型学習)授業デザイン研修のお知らせ

http://bit.ly/PBLbyHTH2019


ミレニアムスクールの先生方も参加される、「ふかい学びの祭典」Learn X Creation (ラーンバイクリエイション)を8/3-4(土日)に実施いたします。7/7までは早割でお申し込みが可能です。

詳細とお申し込みはこちらから:

公式サイト: http://www.learnx.jp (8/3) https://learnxcreation-day1.peatix.com/ (8/4) https://learnxcreation-day2.peatix.com/

3,195回の閲覧

© 2018 by SOLLA  (経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択された事業のご案内サイトです)